【東海大学病院】看護師から選ばれる3つの理由【年収や評判の実情】

【東海大学病院】看護師から選ばれる3つの理由【年収や評判の実情】

看護師として東海大学病院への転職を考えている。この病院に勤務経験のある看護師からの評判や年収などの実情を知りたい。あと、良い面だけでなく、悪い面もしっかり教えて欲しい。

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 東海大学病院が看護師から選ばれる3つの理由
  • 東海大学病院で働く看護師の様々な実情を調査
  • 東海大学病院が募集する看護師求人と採用試験

同院は、伊勢原エリアを中心とした広域救急に対応する病院です。付属病院だけあって学習環境は整っており、なにより超急性期を学びたい人に人気があります。

しかし、そんな人気の病院と言えども、働く上では良いことばかりではありません。実際に現場で働いている看護師の実情も紹介しますので、転職先選びの参考にしてくださいね。

転職アドバイザー ジョブス

広域救急を担っているので、ドクターヘリの出動も活発なんですよ。

看護師めぐみ

急性期看護の経験を積みたい人には良いかもしれないけど、プライベートの時間はほぼ確保できないみたいね。正直、心身を削られる職場だと思うわ。

東海大学病院が看護師から選ばれる3つの理由

東海大学病院の看護師

同院が看護師から選ばれる理由は、次の通り。

看護師から選ばれる3つの理由

  • その1:緊急対応や重症患者への看護経験を豊富に積める
  • その2:院内外の多様な研修によりキャリアを高められる
  • その3:能力や努力が適切に評価され、給与に反映される

それぞれ解説します。

その1:緊急対応や重症患者への看護経験を豊富に積める

同院では、超急性期の最前線で、緊急対応や重症患者への看護経験を豊富に積めむことができます。

同院は高度救命救急センターを設置しており、年間約6,700件の救急搬送を受け入れています。(救急車の搬送:約6,500件・ドクターヘリの搬送:約170件)全国に46ヶ所しかない高度救命救急センターだけあって、日々重篤な患者が搬送されます。

心停止で運び込まれる患者も多いので、精神的な負担は相当ありますが、それだけ学ぶことも多くあります。同院でしっかり経験を積めば、どこへ行っても活躍できる人材になれるでしょう。

看護師めぐみ

救命救急科を希望するなら、プライベートの時間を捨てる覚悟が必要だと思うわ。

その2:院内外の多様な研修によりキャリアを高められる

看護教育機関としてキャリア支援センターを設置しており、多様な研修でキャリアを高めることができます。認定看護師(救急看護・集中ケア)の指定教育機関でもあるので、この分野を突き詰めたい人にとって良い環境でしょう。

自分のステップごとに適切な研修が用意されているので、勉強する機会には困りません。隣接している大学に図書館があるので、研究や自己学習できる場所もあります。他にも、大学病院なので備品も十分にあり、ケチることなく使えます。

看護師みき

教育制度は定評があるみたいですね。でも、外部研修は出張扱いにはならなくて、自分の休みを削ることになるみたいですよ。

その3:能力や努力が適切に評価され、給与に反映される

同院では、人材育成と人事考査を連動させた独自の評価制度を導入しています。そのため、能力や努力が適切に評価され、給与にしっかり反映されます。

院内外の研修に参加して必要なスキルを取得したり、指定の試験を合格することで昇給や等級が上がります。以前までは年功序列的な風土がありましたが、今では経験年数だけでは評価されなくなっています。

もちろん「なぜこの人がこの等級なんだろう、、、」と思ってしまう人はゼロではないです。ただ、他院と比べて少数のようです。

看護師めぐみ

人事考査の基準が明確だとモチベーションアップに繋がるわよね。専門卒でも努力次第で大卒の人と給与の差がなくなるようね。

東海大学病院で働く看護師の様々な実情を調査

東海大学病院の看護師

同院で働く看護師の実情を、5つの項目に分けて調査しました。

実情1:年収・給与の実情

給与面に関しては、基本給と夜勤手当が低い水準です。

  • 給与:296,378円〜(夜勤込み)
  • 夜勤手当:9,600円/回
  • 賞与:4.8ヶ月分(初年度:3.8ヶ月分)

基本給が低い代わりというわけではないですが、賞与は4.8ヶ月分支給されます。ただ、賞与は基本給をベースに計算されるので、そこまで高額な賞与にはなりません。

転職アドバイザー ジョブス

年度初めに個人目標を立てて、年度末に自己評価をして師長と面談するようです。

実情2:教育・研修の実情

教育制度に関しては、すでに解説している通り定評があります。

マイナス点を挙げるとしたら、外部研修は出張扱いにならないことやほぼ強制の勉強会が多くあることです。夜勤明けでも勉強会に参加せざるを得ないこともあるようで、自分の休みを削ることになるでしょう。

看護師みき

自分の看護スキルや知識のためとは言え、体力がある人でないとついていけなそう、、、。

実情3:残業・離職率の実情

残業に関しては、サービス残業が常態化しています。しかも、夜勤が月に7〜8回あるため、みな疲労困憊で人間関係は良くないようです。せっかく頑張って働いても、残業代が付かないのはしんどいですよね。外来と手術室はまだマシのようです。

離職率に関しては、公表しているデータはありませんでした。しかし、病棟には勤続20年以上か、4年未満の看護師層で構成されているようです。平均勤続年数は9年と決して低い数値ではありませんが、ベテラン層が勤続年数をグッと引き上げています。5〜10年の中間層が少ないので、病院の労務に問題があるのでしょう。

転職アドバイザー ジョブス

大学からの内部生が多くて、奨学金の奉公期間が終わったら辞める人が多いみたいです。あと、近い将来、労基署の抜き打ち検査が入りそうな気がしています。

実情4:福利厚生・育児支援の実情

福利厚生と育児支援に関しては、大学病院だけあって一般的なことは整備されています。しかし、整備されていても、実際に活用されているかは別問題です。

休日関連だと、有休消化の消化日数が平均6日とエグいレベルで低いです。有給の大半が使われないまま消滅してます。唯一の救いは、年2回長期休みが取れることぐらいでしょう。

育児関連だと、役職者の多くが未婚なので、子持ち看護師への配慮が乏しいようです。子育てをしながら役職を上げた人のもとに配属されれば働きやすいようですが、、、。あと、外来での復職ができない場合は辞めてしまう人が多いようです。

看護師めぐみ

こんなに低い有給消化日数ってことは、冠婚葬祭以外は希望を出しづらい環境なのかもしれないわね。

実情5:経営状況・赤字かどうかの実情

大学法人の決算としては、毎年増益していて前年度は145億円ほどの黒字です。もともと経営状態はよくありませんでしたが、V字回復に成功したようです。

ただ、12億円の所得隠しでペナルティを受ける、非常勤講師の雇い止めで講師陣がストライキ、大磯病院を徳洲会へ譲渡するなど、なにかと問題点もあります。他にも、最新の医療機器が導入されるまでに時間がかかるという声をよく聞きます。

転職アドバイザー ジョブス

所得隠しで重加算税を課されたんですよね。重加算税は意図的に隠蔽した時に課される厳しいペナルティなので、経営体質は健全ではなさそうです。

東海大学病院が募集する看護師求人と採用試験

東海大学病院の看護師

実際に募集している求人と試験内容は、以下の通り。

常勤職員の求人内容

同院は、新卒メインの採用をしていますが、中途採用の採用枠もあります。中途採用では「夜勤あり常勤」の募集をしています。

常勤職員の求人内容

職種 看護師
雇用形態 正職員
応募資格 資格保有者
給与 296,378円〜
勤務形態 2交替
休日 7~10日
選考方法 一次:書類選考、二次:小論文、個人面接

常勤職員の採用試験

採用試験は、一次の書類選考に通過したら、二次で「小論文・個人面接」があります。コロナ以降は、オンラインで受験することが可能になりました。

中途入職者の採用枠は少数なので、しっかりと小論文と面接の準備をしておかないと不採用になる可能性があります。