看護師が転職活動で失敗しないために!基礎知識と正しい流れを解説

看護師の転職

転職初心者の看護師も転職の流れをしっかりと把握することで転職がスムーズにいきます。転職には5つのステップがあり、段階的に準備していくことで迷いのない円滑な転職を行うことができます。

今回は転職における5つのステップを確認しながら、いざという時に困らないよう転職の流れについてみていきます。

ステップ1 自己分析

自己分析

まず、転職を考える際にやっておきたいことが自己分析になります。自分が持っている理想の看護師像に対し欲しいものや足りないものは何かを分析することが必要です。

そして、その欲しいもの足りないものを得るために今の職場が適しているかを冷静に判断することが必要となります。

将来、管理職になりたくてスキルアップをしていきたいのに教育制度が不十分な病院で働いていたり、仕事と家庭を両立する看護師になりたいという自分の希望に対し休みが自由に十分に取れない施設で働いていたりと自分の将来像やライフスタイルに合っていない職場で働いていることはストレスとなり、転職のきっかけとなります。

また、パワハラや低待遇など職場環境によるストレスも転職考慮に大きく影響します。自分が現在置かれている職場環境や職務内容に対し、自分はちゃんと満足できているのか自己分析をして判断してみましょう。

自己分析後に転職を希望するのであれば、次に転職先に何を求めるか条件を書きだしていきましょう。

なぜ自分は転職を求めているのかを冷静に分析し、希望条件に優先順位を付けていきましょう。 転職時にすべての希望を満たす求人に出会えるかは運の要素も含まれてしまいます。

希望の条件がそろった求人が出るまで我慢して今の職場で働くという選択肢もありますが、いつになるかも採用されるかも確約が無いため無理をして働いている現状があればおすすめはできません。
最終的に中途半端な転職先を選ぶよりは優先順位をつけ妥協できるラインを決めることで出来るだけ条件の良い職場に転職することができます。

ステップ2 求人探しと相談

求人探し

自己分析が終わり、転職先への希望条件を整理した後は「求人情報」を探す必要があります。求人情報の代表的な入手先は以下のものがあります。

  • ハローワーク
  • 看護協会
  • 就職情報誌や新聞広告
  • 転職エージェント(転職サイト)
  • 親戚知人の紹介など

現在主流となっているのが転職サイトを利用した転職で、近年増加傾向にあります。

転職サイトを利用して転職した看護師は全体の30~40%にも及び、20代に限っては50%以上が転職サイトを利用して転職をしているのが現状です。

転職サイト利用のメリットとは

  • 求人検索に時間と場所を選ばない
  • 働きながら転職先を探すことができる
  • 登録利用料無料(転職が成立しなくても完全無料)
  • 求人が全国幅広く、情報数が圧倒的に多い
  • 看護師専門の転職エージェントが転職をサポートしてくれる
  • 様々な利用特典がある

求人の種類

雇用形態・勤務時間・個別条件により様々な求人があります。雇用形態は「正社員」「パート」「アルバイト」「派遣」があり、勤務時間は「日勤」「夜勤を含む日勤」「夜勤専従」「期間限定」「単発」など、個別条件は「給料」「ボーナス」「託児所の有無」「社寮の有無」「社会保険」「各種手当」「教育・研修制度」などがあります。

雇用条件により給料・拘束時間・責任の度合い・福利厚生が大きく違ってきますので、自分に合った条件の求人を探しましょう。

また、キャリアアップを目指したい看護師は教育制度が充実している転職先を選ぶと良いでしょう。看護師にとって転職はキャリアアップの手段としても用いられています。

転職コンサルタントに相談してみましょう

各転職サイトには専属のコンサルタント(サイトによってはアドバイザー)に無料で相談し転職サポートを受けることのできるサービスがあります。

コンサルタントは看護師の専門知識を持ち地域の病院施設と繋がりを持つ専門家となります。各転職エージェントはコンサルタントが病院施設から受注してきた求人を公開している形となります。

コンサルタントが持つ情報は病院の職場環境までわかるような詳細な情報になっているため、転職希望者の不安を解消し、希望条件とズレの少ない求人紹介を可能にしています。

また、 コンサルタントは履歴書や職務経歴書の書き方から疑似面接、面接同行、勤務条件調整まで多くのサポートをしてくれるため転職初心者でもスムーズに転職ができるシステムになっています。

数ある看護師転職サイトの中でも口コミ評価が高くサポートが充実しているのは、看護のお仕事です。

登録はこちら>看護のお仕事

ステップ3 応募書類作成

応募書類作成

転職の際に作成する書類には履歴書と職務経歴書の2つがあります。

正しい履歴書を書く際の注意点

  • 必ず手書きで書き修正液は使用しない
  • 履歴書内の年号は統一する(西暦か和暦で統一します)
  • 記入漏れのないようにすべての欄を埋める(空欄は未記入と区別がつかないため「特になし)や「特記なし」と書いておきましょう)
  • 相手が見やすいように丁寧にわかりやすく書く(書いた後1日置いて見直してみましょう)文章が苦手な方はいきなり書き始めずに他の紙に内容をまとめることをおすすめします。

職務経歴書とは

職務経歴書は看護師として働いてきた経歴・職歴を説明するための書類です。履歴書では詳細に書けない職歴の部分を少しだけ細かく書いたものになり、看護師として「どこで、どんな仕事に携わってきたのか」を転職先に伝えるものになります。

特殊な仕事についていた場合やリーダーとしてのマネジメント経験、教育研修制度に関わってきた職歴は自分のアピールポイントとして積極的に書いていきましょう。

ステップ4 面接と内定

面接と内定

いざ面接となったときに焦らなくて済むように面接時の恰好や注意点を頭に入れておくことをおすすめします。

面接の準備

面接は初対面の採用担当者に対しての自分のアピールの場となります。相手に印象を与える要素はしっかり考え選択するようにしましょう。

  • 服装(黒か紺のリクルートスーツがおすすめ)
  • 髪型(清潔な印象を持たれる髪型で。色は落ち着いた色にします)
  • メイク(ナチュラルメイクでアクセサリーは外したほうが良いです)

爪切りや歯磨きもきちんと事前に済ませておきましょう。見た目の印象で判断されてしまうと大きな損をしてしまいます。

内面をちゃんと理解してもらうにはまず外観からしっかりと準備しておくことが大切です。

面接の注意点

  • できるだけ大きな声で
  • はきはきと話す
  • 聞かれたことに対して的確に端的に話す
  • 自分の意見を持ち、しっかりと思いを伝える

聞かれたことに対してクドクドとまとまりのない話をしてはいけません。相手が求めていることに対して簡潔に話す事が出来るかも採用の判断材料となっていることを理解しましょう。

緊張して上手に話せなくても構いませんので、大きな声で自分の思っていることをはっきりと話すことが重要です。

各転職サイトのコンサルタントは疑似面接訓練や面接注意点のアドバイスを行ってくれます。面接で失敗のないように利用可能なサービスを活用し面接対策をしていきましょう。

内定をもらったら

内定通知はだいたい3日~1週間程度で届きます。内定通知が来たら最長でも1週間以内に返事をするよう心がけましょう。

勤務する意志があっても規定の日を経過してしまうと内定取り消しとなる場合もありますので注意が必要です。

勤務の意志があるなしに関わらず人事担当者まで必ず一報をいれるようにしましょう。勤務の意志を伝えると雇用条件の記載された内定承諾書が届き、健康診断書と一緒に提出を求められます。

送付するよう求められた場合は早めに郵送し、持参する場合は初回オリエンテーションの日に忘れずに持って行くようにしましょう。

ステップ5 退職と入社

退職

法律上退職は退職日の2週間前までに意思を表示する必要があります。会社の規定によっては1か月以上前に申請を必要とする場合があり、現在多くの病院施設はこの期間を設定しています。

退職の意思が固く、転職活動を始める場合は早めに上司に相談しておくことをおすすめします。申し出の期間については会社規定を確認すると良いでしょう。

退職の意思を伝えた後は退職日の調整が必要となります。転職先の勤務開始日などの個人の要望や病院側の人的問題があるため早めに調整をすることが必要です。

内定をもらっていても現勤務先の事情により退職日が伸びそうな場合はすぐに転職先に連絡を入れ、入社日の調整を行うようにしましょう。

有給が残っており消化が許される場合には職場にできるだけ負担をかけないよう消化する配慮も必要となります。

調整が終わり、退職日が決定した段階で会社の規定に従い退職届を書き、直属の上司に提出します。退職日までに今後自分の役割を引き継いでもらう方々への申し送りも忘れずに行ってください。

退職に際して職場に返却するものと職場から受け取るものがありますので、しっかり確認しておきましょう。

    <返却するもの>

  • 健康保険証
  • ネーム
  • 制服(支給があった場合)
  • 名刺や文具など病院が準備してくれたもの
  • その他(返却するように言われたもの)
    <受け取るもの>

  • 年金手帳
  • 厚生年金基金加入員証
  • 雇用保険被保険者証
  • 健康保険被保険者資格喪失証明書
  • 離職票
  • 退職証明書
  • 源泉徴収票

看護師が転職するのにベストな時期とは

転職時期

看護師の転職は思い立ってからだいたい3か月から半年かかると考え前もって行動することが必要です。転職は思い立った時がベストの時期だと思われがちですが、実はそうではありません。

1年12か月の中で転職に適している時期というものがあります。ボーナス後に職場を辞めるケースが多く、離職する人が多くなるため転職求人が増加するという傾向があります。

7月8月が夏のボーナス 12月が冬のボーナス になりますので、そのあと頃から求人を探し始めると良いでしょう。また、新しい職場で心機一転頑張りたいという熱意がある方は4月入職という形をおすすめします。

働きながら転職の準備を進めた場合でも3月末なら前の職場を退職しやすくなります。転職準備期間を考慮すると年明け前後から動き始めると良いでしょう。

【まとめ】5つのステップを知り、転職の不安をなくしていきましょう

5つのステップを意識して転職の準備をしていくことで、迷いが少なくスムーズに転職することができます。

看護師にとって転職は切っても切り離せないものとなります。今現在転職の意思がなくても近い将来に転職を考えるときがくるかもしれません。

なぜ転職を必要としているのか自己分析から始め、転職のためにどんな準備が必要なのかをしっかりとおさえておきましょう。

転職は一人でするものではなく、あなたを支えてくれるサービスがあることを理解し、今の職場の悩みや転職に対する不安を一人で抱えぬようにしていきましょう。

特に看護のお仕事は、病院の内部情報に詳しく応募書類の書き方や面接対策など手厚いフォローに定評のある転職サイトです。

看護のお仕事

条件の良い求人(非公開求人)は応募者が殺到するため、募集されてから数日以内に締切してしまうケースも少なくありません。

たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、普段から転職サイトはマメにチェックしておき、条件の良い求人が出たらすぐに対応できるようにしておく事が転職を成功させるコツです。

登録はこちら>看護のお仕事

登録後は、コンサルタントから本人確認の連絡がありますので胸の内を相談してみましょう。

まとめ

  • 転職を考える時はまず自己分析を行う
  • 求人入手先は様々で、近年転職サイトの利用が増加している
  • わからないことは転職サイトのコンサルタント相談を利用する
  • 面接は内面と外見を見られていることを理解する
  • 退職の意志は会社規定に従って早めに伝える
  • 内定の返事は早めに行う
  • 退職の際に返却するもの返してもらうものがある
  • 求人を探し始めるベストタイミングは9月と1月
  • 4月を入職時期に合わせると前の職場を退職しやすい

スマートホンの普及に伴い転職サイトの利用率は増加しています。登録さえすれば場所も時間も気にせず求人をチェックできる手軽さが好まれ、ハローワーク・看護協会・求人情報誌同様に一般的な転職ツールの一つに定着しています。

看護師求人の入手先

転職をする際に看護求人情報を入手するにはいくつかの手段があります。

ハローワークで求人情報を入手する

厚生労働省管轄の公的就職紹介業であるハローワーク(公共職業安定所)は全国に544カ所設置されています。訪問しなくても自宅で求人情報を見ることができるインターネットサービスも活用されています。

離職から次の就職までに間が空く場合はハローワークで転職活動することで各種手当を受けることができます。

また、病院側の費用がかからない(紹介料がない)ため採用されやすいというメリットがありますが、応募者を限定するためにハローワークに掲載されていない求人も多くあります。

また、転職先の詳細情報がわからないというデメリットもあります。看護師転職の20%程度はハローワーク経由となっています。

看護協会から求人情報を入手する

各都道府県の看護協会は無料登録することで職業紹介を行うナースバンク事業を行っています。また、インターネット上でも無料職業紹介事業(eナースセンター)を展開しています。

人手不足の病院施設が急募の場合に最寄りの看護協会に求人を出しているケースがあり、登録後すぐに働ける案件が紹介される場合もあります。

eナースセンターは求人検索・求人登録に手間がかかるため病院側も転職希望者側も利用者が増えていない現状があります。

求人情報誌から求人情報を入手する

駅やコンビニなどでは無料版の求人情報誌を手に入れることができます。また、有料の求人情報誌も販売されています。

ただ、看護師案件はほとんど記載されていないため求人情報誌から転職というケースはほとんどありません。

転職サイトから求人情報を入手する

企業が展開するインターネット転職サイトから求人情報を入手することができます。看護師の30~40%が転職サイト経由で転職しており、インターネットに精通している20代に限っては50%以上がサイトで転職を実現しています。

無料で登録・サポートを受けることができ、サイトごとに様々な特色があります。求人掲載数も多く、サイト利用から転職する看護師は年々増加しています。

看護師専門の転職サイトを利用するメリット

看護師専門の転職サイトとは

インターネット上で求人検索や転職に関連した情報を入手できる転職サイトのことで、登録無料で利用できるところが多く、登録することで非公開求人の応募や専任コンサルタントから転職アドバイスやサポートを受けることができます。

求人情報入手先として増加している看護師専門の転職サイト。果たしてどういったメリットがあるのでしょうか。

転職サイトを利用するメリット

24時間空いた時間にアクセスできる
いつでも空いた時間にパソコンやスマホから求人を検索・閲覧することが可能です。問い合わせが24時間いつでも可能なサイトもあります。

最新の情報を手軽に入手できる
最新の求人や利用者からの情報が随時更新されているため、アクセスのたびに新しい情報を入手することができます。

転職ノウハウを閲覧できる
退職から転職までのノウハウ情報を閲覧することができます。退職届の書き方や失敗しない面接のやり方など多くの記事が掲載されています。

サイトによっては就職後にも役立つ疾患別の看護知識なども掲載されています。

転職コンサルタント(アドバイザー)に相談できる
コンサルタントに転職の悩みをなんでも相談できます。また、転職希望者に合った求人の紹介や求人先の詳細情報の公開など様々なサポートをしてくれます。

求人情報の正確な見方

求人情報には一般名称から会社独自の呼び方まで実際に誤解を招き勘違いしやすい表現になっている場合があります。わかりづらい内容や誤解しやすい言葉に注意して求人情報を見ていくことが必要です。

給与
賃金給与の記載は「日給」「月給」「月収」「年棒」の4つがあります。

・日給:1日の給料として払われる額。働いた日数によって月収がきまります。
・月給:月々の給料が決固定されている賃金形態。基本給に手当を加算した額となっています。
・月収:月給にインセンティブ(歩合)を合わせた額。歩合は契約条件によります。
・年棒:賞与を含め年間の賃金が記載されている。12で割った額が月給額となります。

日給や年棒の場合、諸費用が含まれた金額となっていることが多く、月額いくらもらえるのか月給換算で計算をすることが重要です。

日給が高くても入れる勤務数が少ない場合や年棒にボーナスが含まれている場合もあるため実際の条件をしっかりと確認しましょう。

月給記載にもかかわらず雇用形態が正社員ではないこともありますので隅々までチェックするようにしましょう。

休日
・完全週休2日制:毎週2日の休みがあることを言います。
・週休2日制:週2日の休みが月に1回以上ある場合に表記できます。
・4週8休:4週間のうちで8日休みがあることを示します。

週休2日は毎週2日の休みが保障されているわけではないことに注意する必要があります。
また、4週6休や毎週土日といった表記の仕方もあります。

勤務時間
・残業あり:企業は法定労働時間(週40時間、1日8時間)を超える労働を行わせる場合に25%以上の割増加算が義務化されています。

休日出勤や夜間・深夜勤務の際の条件もしっかりと確認しておきましょう。

社会保険
・社会保険あり:社会保険の雇用・労災・健康・厚生年金保険のいずれかの保険に加入していることを表します。
・社会保険完備:社会保険の雇用・労災・健康・厚生年金保険のすべてに加入していることを表します。

待遇や条件で必ずチェックしておきたい項目
・勤務形態:正社員・契約社員・派遣社員・パート・アルバイト
・勤務時間:実質労働時間・休憩時間・勤務時間帯・フレックスタイムの有無
・給与体系:時給制・月給制・歩合制・年棒制・賞与
・社会保険:雇用保険・労災保険・健康保険・厚生年金保険
・手当:通勤費・住宅費・扶養手当・時間外手当
・休日:休日形態・年末年始・お盆・有給休暇・年間休日数・祭日勤務
・福利厚生:社宅の完備・育児休暇・社員食堂・財形貯蓄・社内行事
・その他:昇給・教育制度・資格取得制度

看護師転職サイト5つの活用法

複数の転職サイトに登録しよう

転職を成功させるためには複数のサイトに同時に登録しておくことをおすすめします。転職サイトごとに特徴があり、求人案件や情報量の多いサイトやサポートシステムの充実さが魅力的なサイトなど自分に合ったサービスを選ぶことで選択肢に幅を増やすことができます。

非公開求人情報を手に入れよう

非公開求人とはインターネット上には掲載のない転職サイト独自が抱える求人案件のことを言います。

非公開とされているのは「人気求人案件である」「紹介型求人案件である」といった理由があります。非公開求人には高条件が提示されていることが多く、転職サイト利用の大きなメリットと言えます。

コンサルタントに相談しよう

各サイトには専属のコンサルタント(サイトによってはアドバイザーと呼ばれています)が所属し円滑な転職のサポートをしてくれます。

コンサルタントは独自に病院や施設を調査し情報を入手することで転職希望者への詳細な情報提供を可能にしています。また、疑似面接や面接の同行などサイト独自のサービスも展開されています。転職サイトに登録するメリットはコンサルタントが転職までのサポートをしてくれる点にあります。

自分にあった転職サイトを選ぼう

複数のサイトに登録し利用・比較しながらサイトやコンサルタントを選んでいきましょう。コンサルタントとの相性がありますので、転職活動自体がストレスにならないよう自分に合った場所で安心して転職を進めていくことが必要です。

また、転職エージェントには得意な地域や分野がありますので、「関東圏で仕事を探したい」「夜勤や派遣の求人が多く掲載されている」といった細かい希望がある場合はそこに特化したサイトを選ぶことも転職を成功させる一つの手と言えます。

特典をもらおう

転職サイトによっては転職マニュアルの配布や転職祝い金など多くの登録・転職特典があります。この特典をもらうために登録・利用することも転職サイトのメリットと言えます。

ナースではたらこを辛口分析!ナースではたらこを辛口分析!

まとめ【転職サイトを上手に利用し失敗のない転職活動をしましょう】

転職は新しいことへの出発であり、少なからず不安を抱えるものです。勤務に対して不安を持つことがあっても転職活動に不安を持つ必要はありません。

転職サイトは上手に利用することであなたの不安を解消し、転職の心強い味方になってくれます。転職で損をしないためにも転職サイトをうまく利用して失敗の無い転職活動をしていきましょう。