シングルマザーの看護師が子育てと両立して働ける職場と診療科とは?

看護師シングルマザー

シングルマザーでありがながら看護師として働く場合、職場選びには慎重さが欠かせません。

看護の現場は子供がいることへの配慮がある現場と、そうでない現場に大きく分かれるからです。

ではシングルマザー看護師として働く場合、どのような環境が働きやすい職場だといえるのでしょうか。

今回はシングルマザー看護師が働きやすい職場や診療科目について、紹介します。

子供とすれ違い気味になっている看護師の体験談

看護師06

「休日出勤や残業の発生によって子供とすれ違いの日々が続いている。」

「日勤だけでなく夜勤もあるので、子供が学校から帰ってくる頃に自宅を出なければならないことが辛い。」

「両親と同居だから助かっているが、子供と二人暮らしの場合、今の職場で務め続けることはできないと思う。」

これは実際にシングルマザーとして就業している女性の体験談です。

日勤のみのクリニック勤務であれば、朝食や夕食など、食事の時間は子供と共有できるかもしれません。

しかし夜勤がある職場に勤めている場合、そういった時間を一緒に過ごすことも難しくなります。

この体験談の場合、両親と同居なので生活が成り立っている、とありますが、仮に子供が小さく、子供と二人暮らしの場合、夜勤がある度に、子供を親戚や兄弟などに預ける必要も出てきてしまいます。

そのためシングルマザー看護師として働く場合、両親との同居が可能かどうかを、まずは考えるべきだといえるでしょう。

シングルマザー看護師が働きやすい職場と診療科

看護師05

シングルマザー看護師が働きやすい職場は、シングルマザーが置かれている状況によって異なります。

前述したように、実家暮らしができるシングルマザーであれば、比較的どの現場でも働きやすいといえるでしょう。

実際に病棟勤務をしているシングルマザーは珍しくありません。

ただし、実家暮らしではない場合、病棟勤務は現実的には難しいといえるでしょう。

では実家暮らしが難しいシングルマザー看護師の場合、どのような職場や診療科目が働きやすいのでしょうか。それは次の通りです。

  • 眼科
  • 皮膚科
  • 整形外科
  • 小児科
  • 内科
  • 総合病院の外来勤務
  • クリニック

上述した診療科目はクリニックを選ぶ際の、参考としての診療科目です。

総合病院勤務の場合、必ずしも希望する診療科目に配属されるとは限りません。また常勤になると、どうしても夜勤が発生していまいます。

日勤のみのクリニックの方が、シングルマザーにとっては働きやすいといえるでしょう。

もちろん個人の経歴に沿った診療科目を選ぶことも大切ですが、シングルマザーとしてクリニックで働く際は眼科や皮膚科などを検討することをおすすめします。

クリニックではなく、総合病院で働きたい、という場合は外来勤務のみの看護師募集枠にエントリーする、という方法もあります。

ただし外来勤務のみとなると、雇用形態が常勤ではなく、非常勤となっている場合があります。雇用形態に関しては給与額などを見比べて、慎重に判断していきましょう。

定時で帰れる職場→人間関係が良い職場

病院クリニック01

前見出しで職場と科を紹介しましたが、総合病院でも定時で帰れる職場があります。

シングルマザーにとって大切なことは、休日日数や夜勤の有無だけではなく、残業の有無も大切です。

夜勤がある職場でも定時で帰宅することができれば、日勤の日は子供と一緒に時間を過ごすことができるからです。

ではどういう職場なら、定時が帰ることができるのでしょうか。

その見極めのポイントの一つは、職場内の人間関係が良いことです。

人間関係が良好な職場であれば、看護師一人ひとりに対するプライベートへの配慮があります。

人間関係が良好で、プライベートへの配慮がある現場なら、どれだけ忙しくても、看護師長やリーダーが、定時が帰ることを促してくれます。

その結果として、離職率が低くなり、現場は快適に働きやすくなるのです。

その逆に人間関係が悪ければ、嫉妬や妬みから、シングルマザー看護師がいじめの対象とされてしまうケースもあります。

人間関係が悪い職場はストレスが溜まりがちなので、新人や転職者など、立場が弱い人がいじめの標的にされてしまいがちです。

そうなるといじめとしてわざと定時で帰らせない、などの嫌がらせが起きてしまう可能性もあるのです。

そのため、シングルマザー看護師として転職活動するは、人間関係が良い職場を選ぶことも重要なポイントです。

転職エージェントを活用して病院の内部情報を把握しよう

シングルマザー看護師として働く場合は、夜勤が無い現場を選ぶことだけでなく、定時で帰れるかどうかもかなり重要です。

そして定時で帰宅できる環境か見極めるためには、職場の人間関係が良好であることが欠かせないことは前述した通りです。

しかし求人サイトなどで公開されている求人情報だけでは、職場内の人間関係までは分からないですよね。

最近の求人サイトでは、実際に就業している看護師のインタビューが掲載されている場合もありますが、インタビューの内容はそのほとんどが良いことにフォーカスしています。

実際の人間関係についてまで把握することは難しいといえるでしょう。

そこでおすすめの転職方法があります。それは転職エージェントを活用することです。転職エージェントのコンサルタントは、そのほとんどが現場まで足を運んで、情報を収集しています。

そのため、細かい人間関係まで把握している可能性が高いのです。

もちろん、病院の人間関係の問題などは、かなりデリケートな情報なので、興味本位では中々細かいところまで教えてもらえないかもしれません。

しかし真剣にエントリーを検討する、となればコンサルタントも親身になって深いところまで教えてもえる可能性が高くなります。

エントリー先の病院を見極める際に、内部情報があれば、より慎重に判断することができますよね。

これからシングルマザー看護師として転職活動を始めるなら、特に転職エージェントの活用をおすすめします。

担当者によっては、シングルマザーが実際に働いている職場、またはシングルマザーでも働きやすい職場を提案してくれるかもしれません。

シングルマザーが既に就業している現場なら、シングルマザーの置かれている状況への理解も示してくれそうですよね。

では具体的に転職エージェントを選ぶ際は、どのエージェントを活用すべきなのでしょうか。

看護のお仕事は、病院の内部情報に詳しく応募書類の書き方や面接対策など手厚いフォローに定評のある転職サイトです。

看護のお仕事

条件の良い求人(非公開求人)は応募者が殺到するため、募集されてから数日以内に締切してしまうケースも少なくありません。

たとえ今すぐに転職するつもりがなくても、普段から転職サイトはマメにチェックしておき、条件の良い求人が出たらすぐに対応できるようにしておく事が転職を成功させるコツです。

看護のお仕事 公式サイトはこちら

登録後は、コンサルタントから本人確認の連絡がありますので胸の内を相談してみましょう。