ベネッセMCM看護師の評判と口コミとは?看護師200人に聞いたリアルな本音

ベネッセMCMの評判と口コミ

看護師の転職エージェントは、中小も含めると20社以上あるのは知っていましたか?

ベネッセMCMは、進研ゼミを始めとした教育事業に強みのあるベネッセのグループ会社が運営する転職エージェントです。

企業規模は大きいのですが、利用するにあたってコンサルタントは信頼できるか、利用者の口コミは良いのかなど、調べておきたい情報はありますよね。

そこでこの記事では、200人以上の看護師からアンケート調査を行い、実際に利用した人の口コミや評判を分析しました。

良い口コミばかりではなく、悪い口コミもあるので、ご自身に合った転職エージェントか否かを見極めてくださいね。

みき

ベネッセって個人情報の流出事件があって赤字に転落したけど、盛り返したんですよね。上場企業だとやっぱり安定感があります。

めぐみ

そうね。ベネッセのメイン事業は人材紹介ではなくて、教育だからどれだけ人材紹介に力を入れているか気になるところだわ。

ジョブス

マイナビ看護師や看護のお仕事と比べると見劣りしてしまいますが、それでも利用メリットはあるんですよ。詳しく見ていきましょう。

この記事を読むことで、ベネッセMCMに登録すべきか否か、併用して使っていくべき転職エージェントはどこかがわかります。

ベネッセMCMの総合評価!全23社の比較結果とは?

看護師の転職エージェントと転職サイト、全23社を「求人の数と質・コンサルタントの力量・サポート体制」の3点から徹底的に分析しました。

ベネッセMCMの総合評価は以下になります。

順位 口コミでわかったこと
総合評価 16位/23社 これといって目立った強みが無い
求人数と質 16位/23社 求人数4,487件とかなり少ない
コンサルタント 16位/23社 業界知識がやや疎い
サポート力 15位/23社 直接会っての面談が基本

総合評価は全23社中15位なので、メインで使うよりはサブで使うべき転職エージェントです。

ベネッセMCM 公式サイトはこちら

総合力では大手と比べて圧倒的に劣るので、マイナビ看護師を必ず併用しましょう。

マイナビ看護師 公式サイトはこちら

ベネッセMCMを利用するメリットと注意点とは?

アンケート結果を元にベネッセMCMを利用するメリットと注意点(デメリット)を解説します。

ベネッセMCM2つのメリット

2つのメリット

  • 紹介するエリアを絞っているので情報が正確
  • 年収600万円以上の求人を少数だが扱う

紹介するエリアを絞っているので情報が正確

ベネッセMCMがメインで対応するエリアは以下の1都2府8県です。

ベネッセMCMの案内対応エリア

15年以上の運営歴と資本があるのにエリアを限定しているのは、情報の正確さを担保するためです。

求人情報の内容は常に新しく豊富なので、求人探しには非常に役に立ちます。

ジョブス

1都2府8県の在住者ならいいですが、それ以外の方は使えませんね。求人数も決して多いわけではないので、使う人を選びますよ。

年収600万円以上の求人を少数だが扱う

大手転職エージェント含めて、基本的に扱う求人のマックス年収は550万円が上限です。

しかし、ベネッセMCMに限っては数は少ないものの年収600万円以上の求人を10件扱っています。

大手企業だからこそのパイプで良い条件を引き出したんでしょう。

ジョブス

年収600万円以上の求人は看護管理職の案件が大半ですね。管理職経験がなくても応募できるのでトライしてみてもいいと思いますよ。

みき

メリットはわかりましたけど、もちろんデメリットもあるんですよね?

求人数が少なすぎことがデメリット

メリットで紹介するエリアを絞っていると解説しましたが、それでも総求人数が4,487件しかないのは少なすぎます。

15年以上の歴史のある転職エージェントは大抵20,000件以上の求人は保有しているので、ベネッセMCMだと求職者の細かなニーズに応えることができないでしょう。

めぐみ

確かに求人数が5,000件にいってないのは少ないわね。

こんな看護師は利用すべき

2つのメリットとデメリットから以下の看護師はベネッセMCMを利用すべきでしょう。

利用すべき看護師

  • 1都2府8県の在住の方
  • 地雷病院の見極めができない方

ベネッセMCMを利用すべき方は、「1都2府8県の在住の方」かつ「地雷病院の見極めができない方」です。

この2点に当てはまらないのであれば、他社エージェントを利用した方が失敗しない転職をすることが可能でしょう。

転職エージェントか直接応募か!どっちがいいの?

すでに転職したい病院が決まっている方は、わざわざ転職エージェントに登録せず、病院に直接応募してしまう方が多いのではないでしょうか?

ただ、ちょっと待ってください!

病院への直接応募は、希望通りの診療科に配属されないことや、本来ならもっと貰えるはずの給与が交渉をしないばっかりに損をしてしまうことだってあります。

看護師の昇給率って決して高くないですよね。年に5,000円程度でしょう。

高いのは賞与です。賞与は基本給から算出されるので、少しでも経験や知識に応じた給与を貰えるように転職エージェントを活用して給与交渉をすべきなのです。

みき

病院が公開してる募集要項って全然詳しくないんですよね。もっと詳しく掲載した方が応募者も増えそうなのに。

めぐみ

確かにいくら給与が貰えるのかさえ分からない病院も多いわよね。問い合わせしてくださいって書いてあっても普通連絡できないわよ。

ジョブス

だからこその転職エージェントなんですよね。医療業界ってWEB担当者とかいないので、募集要項を更新せずに昔のまま掲載しているケースも多いんです。ミスマッチを防ぐためにも転職エージェントは利用すべきですね。

ベネッセMCM利用者の良い口コミと悪い口コミ

求人の量と質に関する口コミ

良い口コミ

大学病院の求人を多く扱っているようなので登録しました。

悪い口コミ

私の住んでるエリアの求人が多そうだったんで登録しましたが、募集案件の多くが派遣でした。

コンサルタントに関する口コミ

良い口コミ

小学生の頃、進研ゼミをやっていて、何となく信頼感があったんで登録しました。対応してくれた女性のコンサルタントは物腰が柔らかくて急かされず良かったです。

悪い口コミ

サポート力に関する口コミ

良い口コミ


直接の面談が基本のようで電話だけでなく、顔合わせして求人情報などを説明してくれて良かったです。会話の中で優先順位が明確になって行くので、最初はオフィスに行くのが面倒と思っていましたが、行って良かったです。

悪い口コミ

忙しい中、登録会に出向かないといけないと言われ億劫になり、連絡をストップしてしまいました。

まとめ:転職エージェントを上手く使いたおそう!

ベネッセMCMは、対応エリアが狭く求人数も多く無いので、大手と比べると総合力では力不足が否めません。

通常転職なら「マイナビ看護師」、派遣求人なら「看護のお仕事派遣」をメインに利用しつつベネッセMCMをサブ使いすべきでしょう。

また、求人を紹介してもらうからといってコンサルタントに迎合する必要はありません。

転職エージェントをとことん使い倒して、自分が主役であることを忘れずに転職活動を行いましょう。

マイナビ看護師 公式サイトはこちら

看護のお仕事派遣 公式サイトはこちら

登録方法は、名前や住所、電話番号などをクリックすれば完了です。登録後は、コンサルタントから電話で連絡があります。もちろん利用料などは一切かかりませんので安心してくださいね。

看護師にとって「どこで働くか」は最も重要です。金銭的な余裕とやりがいを持って働き続けるためにも最良の職場を見つけてくださいね。