派遣未経験の看護師がトラブルなく働く為のポイントと求人選びとは?

派遣未経験の看護師

今まで経験したことのない勤務形態である派遣で働くとなれば誰しも最初は不安を感じるものです。

ましてや就業することが初めての業態(病院・クリニック・介護施設)なら尚更不安でしょう。

不安を取り除くには、あらゆる想定し得る不安をピックアップし、不安ごとの対処法を引き出しに入れておくことです。

この記事では、初めての派遣勤務でトラブルなく働くためのポイントと求人選びに関して解説します。

みき

派遣勤務って、誰でも未就業の業態で働くこともあると思うんですけど、不安になったり困ったりすることはないんですかね?わたしだったら出来るだけ経験したことのある業態で働きたいって思います。

ジョブス

心情的にそのように思うのは納得です。ただ、看護師の87%は病院とクリニックに勤務しているのはご存知ですよね。でも、派遣求人の大半が介護施設なんです。そうなると、多くの派遣看護師が経験したことのない業種で働くことの方が多いんですよ。

めぐみ

看護師の派遣は契約期間も短いことが多いから、誰しも未経験の業態で働くことはありそうね。

ジョブス

そうなんです。派遣勤務自体が初めての方は不安もより一層あると思いますので、まずは不安点を洗い出ししていきましょう。

派遣未経験の看護師が不安に思う点とは?

派遣未経験の看護師が不安に思う点の代表は人間関係ですが、医療施設ならではの機器や業務に関する不安もあります。

  • 人間関係の不安
  • 医療スタッフ同士の関係性の不安
  • 機器に関する不安
  • 看護記録に関する不安
  • 業務外の仕事をお願いされないか不安
  • 定時通りに帰れるか不安

経験豊富な派遣看護師であれば、どんな業態に異動しても適切に対応することができますが、初めての派遣勤務なら様々なことが不安要素になります。

特に医療現場はピリピリした雰囲気になりやすいので、求められた業務をスムーズにこなす事ができないとトラブルの種になる事があります。

不安の対処法は、以上の不安点を全て派遣会社のコンサルタントに確認し、今まで起こった派遣先で起こったトラブル事例を事前に聞いておく事です。

派遣社員と職場スタッフとの関係性とは?

本来派遣社員と正社員は、役職や経験、年齢などによる上下関係があるものではありません。

派遣先に所属する正社員やパートだけでは業務が滞るものを改善する目的で登用されているため、業務上の指示は受けますが、上下関係は存在しないはずなのです。

ただし、これはあくまでも理想的な一般論です。派遣先になる病院や介護施設によって、職員との関係性は大きく変わります。

正社員が派遣社員の立ち位置をきちんと理解し分け隔てなく接している職場もあれば、派遣社員と言えども新参者の後輩のように対応してくる職場もあります。

実悪となるのは後者の場合です。実悪だとしても本人が空気感の違いを読み取って対応できなければ、継続して働く事は難しいです。出しゃばらない対応を心がける必要があるでしょう。

派遣会社に所属する派遣社員だとしても、職場で働く医療スタッフの態度に応じて自分の態度を適切化するとトラブルを未然に防ぐ事ができます。

派遣勤務でよくあるトラブル例

派遣勤務で実際に起こったトラブル例を確認しておく事で、実際に自分がトラブルに巻き込まれたときに、最善の対応をする事ができます。

以下では、3つのケースを事例にあげました。

ケース1:出勤しても仕事がない、指揮命令者があやふや

派遣社員の登用経験があまりない病院や介護施設によくある事ですが、指揮系統や派遣社員に行ってもらいたい業務がまとめられていないため、業務の指示を受けられない事があります。

そもそも派遣社員として働いた経験のない方が指示をするので、どんな仕事を任せてよいのか把握していないこともあるのです。

こういった職場では、事前に聞いていた業務内容に含まれないこともお願いされることも多々あります。実際には、その場で「できない」とは言えないため、派遣会社へ後ほど報告することになります。

ケース2:派遣会社を通さず直接雇用を打診される

派遣社員を募集している病院や介護施設は、人材確保が上手くいっていないケースが大半です。

必要な時期に短期的な人手を確保できるのはメリットですが、やはりパートと比べてかなり割高なのです。

その為、業務クオリティが高い派遣社員は、紹介予定派遣ではないのにも関わらず、直接雇用を打診される事があります。

直接雇用の打診は違法ではないものの、その場合は、派遣会社を通す必要があるので、倫理的によろしくはありません。

直接打診をする理由は、派遣会社に100万以上になる手数料を払いたくない利己的なものなのです。

ケース3:勤務中に体調が悪くなったが早退できなかった

派遣先ではなく、派遣会社との間でトラブルになるケースです。

体調が悪い場合ややむを得ない事情で早退をしないといけない場合は、派遣会社に連絡を行い許可を得る必要があります。

大抵の派遣会社は了承してくれますが、派遣会社によっては、定時まで働くことを求めてきます。

強要されるわけではないものの、派遣先へ悪い印象を与えないために「どうしても働けませんか?」と、しつこく確認してくる事があるのです。

みき

こうやってトラブルケースを見ると、派遣って大変ですね。自分が適切に働くために契約のことも考えながら働く必要があるんですよね。

ジョブス

ただ契約通りに働くことの意識って、日本だと低すぎるんだと思います。だから、業務外の仕事を任されて残業する事があたり前になっちゃうんです。

めぐみ

確かにそうかもね。ちなみにトラブルに実際に起こったらどうすればよいのかしら?

トラブル対応と防止には優良な派遣会社選びが重要

派遣勤務で起こり得るトラブルは、派遣社員と職場スタッフ間の個人的な人間関係に原因があるものから、派遣先との契約上のことから発生するものまで様々です。

トラブルなく勤務できる事が好ましいことは言うまでもありませんが、複数の職場で働けばトラブルが起きない可能性の方が低いでしょう。

そういった時に頼りになるのが、自分が所属している派遣会社です。

一般的に何らかのトラブルが起きた時のフォロー体制を用意していますし、すでに多くのトラブル事例を経験しているため、対応方法も理解しています。

ただし、設立して日が浅い派遣会社や派遣事業以外に注力している会社だと、フォロー体制が十分に整っていない事があります。

看護師の派遣会社ならフォロー体制に定評のある看護のお仕事派遣がおすすめです。

派遣未経験でも応募できる求人とは?

派遣看護師の場合、臨床経験が3年以上あれば、応募が限定される求人はほぼありません。

元々病院に勤務していて、派遣看護師として初めて介護施設で働く方も同様です。派遣未経験だとしても問題ありません。

ただし、病棟夜勤に関しては、臨床経験が乏しいと採用されない事があります。

派遣看護師は即戦力を望まれているので、ゆっくり教えてもらいながら仕事をすることはできないので、まだ入職したての新人看護師には派遣勤務はおすすめしません。

みき

ある程度の臨床経験さえあれば、未経験だとしてもどこでも採用してもらえるんですね。

めぐみ

派遣会社によっては、eラーニングや医療情報をまとめたニュースレターを提供してるとこもありますよね。

ジョブス

一番大切なのは、地雷求人を紹介しない派遣会社を選べば問題ないですよ。

まとめ:未経験なら派遣会社選びが最も重要!

派遣未経験の看護師には、派遣先の業務内容や業種にばかり注目してしまい、派遣会社事態には無頓着な事が多々あります。

トラブルなく派遣勤務するためにも実績が豊富でフォロー体制が充実している派遣会社を選ぶ事が重要です。

そうすることで、未経験でも働きやすい職場探しや何かあった際のフォローまでストレスなく業務に集中する事ができるのです。

以下の記事では、看護師200人にアンケート調査をした上で口コミ評価の高い派遣会社を紹介していますので、合わせて読んでおくと良いでしょう。

看護師の派遣会社ランキング看護師200人が選ぶ派遣会社ランキング!口コミから全12社を徹底比較