心も体もリフレッシュしたい!看護師が長期休暇を取れる職場と求人とは?

看護師の長期休暇

看護師は一般的な仕事よりもストレスがたまりやすく、体力も必要とされる職種です。そこで心と身体をリフレッシュするために、長期休暇を取得する看護師は少なくありません。

その一方で今働いている職場では長期休暇は取りづらい、と感じている看護師が多いのも実際のところです。

では看護師が長期休暇を取りやすい職場とはどのような環境なのでしょうか。今回は看護師が長期休暇を取れる職場と求人について紹介します。

ストレスフルな医療現場では看護師の定期的なリフレッシュが必要

ストレスフルな医療現場では看護師の提起的なリフレッシュが欠かせません。

特によほど採用が上手くいっている医療機関でない限り、看護師が不足に陥っている医療現場は少なくありません。看護師が不足すれば、一人の看護師が対応する業務量も増えてしまいますよね。

ただでさえ看護師業務はストレスが溜まりやすいわけですが、そこに看護師不足が重なることで、ストレスが増えてしまうのです。

もちろん、この問題の理想的な解決策の一つは、看護師不足が解消されることです。しかしながら、看護師不足の問題は簡単に解決できる問題ではありません。そのため看護師は自分でストレスを管理することが必要です。

ではどうすれば、看護師は自分のストレスを管理することができるのでしょうか。その方法の一つが定期的なリフレッシュを日常に取り入れることです。

リフレッシュの手段はどんな方法でも構いません。休憩時間に好きなものを食べる、または仕事終わりにお酒を飲むことでもいいでしょう。

リフレッシュできることを日常に取り入れましょう。 休日に家でゴロゴロすることもいいかもしれません。連休を利用して、旅行に行く、ということもいいでしょう。大切なことは自分に合ったリフレッシュ方法を見つけることです。

看護師のオフの過ごし方

看護師のオフの過ごし方は重要です。なぜならオフを充実して過ごすことができれば、ストレス解消となるからです。

仮に仕事でストレスを溜めこみ、さらに休日も家庭でのトラブルなどストレスを感じていたらいかがでしょうか。とてもではありませんが、気持ちをリフレッシュすることはできないですよね。

そのためオフは短期間の国内旅行に行くリア充看護師もいれば、ストレス発散のためひたすら買い物をする看護師もいます。

疲れ切っているため、寝て過ごしているという看護師も珍しくありません。看護師の仕事で溜まったストレスをリフレッシュさせるためには、オフの過ごし方が大切です

有給なんか取れっこない!看護師不足と先輩からのプレッシャー

日本の有給消化率は全世界ワースト1位です。なおかつ、看護師の業界で有給なんて取れないというの職場は珍しくありません。

もし仮に有給が取れたとしても、他の看護師を気にしてストレスを感じてしまうかもしれません。先輩からのプレッシャーを感じることもあるでしょう。

看護師不足の現場の場合は、このようなプレッシャーは特に強くなりがちです。有給を取得することで、同僚の看護師に負担がかかってしまうからです。

しかし有給休暇の取得は病院で働く労働者にとっての権利でもあります。

プレッシャーを完全に無視することはできないかもしれませんが、有給をしっかり消化できるかどうか、ということは看護師にとって大切なことです。なぜなら有給をきちんと取得することは、ストレスを解消する機会を増やすことでもあるからです。

小規模クリニックならカレンダー通りの休日、長期休暇が取りやすい職場とは?

看護師が不足している職場は、有給の消化が難しいだけでなく、長期休暇も取りにくくなります。しかしこれは総合病院など、基本的に365日運寧されている医療機関に限ります。小規模クリニックならカレンダー通りの休日となります。

小規模クリニックといえば、看護師の職場としては大学病院や公立病院に比べると人気ではありませんが、休日には強みがあります。

なぜなら小規模クリニックは基本的に提供しているのは外来のみです。そうなるとまず夜勤を考える必要がありません。

ほとんどのクリニックが平日のうち1日と土曜日は半日のみの診察です。そして日曜日は休み、なおかつカレンダーの祝日は全て休みとしているクリニックがほとんどです。

カレンダー通りの休日であれば、特別な休暇を取得しなくても、ゴールデンウィークなどで定期的に連休がありますよね。その前後に1日か2日の有給をつければ、5連休や6連休、という休みの取得も可能です。

休みの取りやすさだけを考えれば、総合病院よりも小規模クリニックの方が魅力的ですよね。

休日や長期休暇を重視して求人を探すなら、総合病院にこだわらずに、小規模クリニックにも目を向けた方が、長期休暇を取得しやすい職場が見つけられる可能性もあるのです。

クリニックの求人を探すなら看護のお仕事がオススメです。内部情報が表に出づらいクリニックでも看護のお仕事なら院長の性格や労働環境、給料、教育制度まで詳細な情報に強みがあります。

看護のお仕事 公式サイトはこちら

求人情報の休日欄が年間120日以上になっているかをチェック

長期休暇を取れる職場を探す場合は、年間休日をしっかりとチェックしておきましょう。求人情報の記載は、医療機関によって表記の仕方が異なります。

年間120日など明確に年間休日が記載されている場合もあれば、4週8休とだけ記載されている場合もあります。

4週8休であれば週休2日なので、しっかりと休日があると思うかもしれません。しかし4週7休や、4週8休の記載がある求人は、年間トータルで考えましょう。計算すると、104日程度の休みにしかならない、というケースは珍しくありません。

また4週8休の記載があったとしても、休日の規定で特別休暇が複数ある場合は120日程度の休日を見込める場合があります。そのため求人情報の休日欄については、入念にチェックすることが欠かせません。

しっかりと休暇を確保できる職場に転職したい場合は、求人情報の休日欄が年間120日以上になっているかどうかを確認しておきましょう。

有給消化率の高い病院って実際どうなの?

求人情報をくまなくチェックしていると、有給消化率の高さを謳っているところも少なくありません。看護師の雇用状況は日々変化するものなのです。そのため高い有給消化率が継続的に守られ続けているとは限りません。

しかし有給休暇をしっかりと取得しながら働きたいと考えている場合は、有給消化率の高い職場を狙いましょう。なぜなら求人情報に有給消化率を記載するということは、看護師の有給消化率を高めることへの配慮があるからです。

同じ働くなら、看護師の有給消化に無関心な職場ではなく、有給の取得がとりやすいように配慮されている環境で働きたいですよね。

有給休暇を取得できるかどうかで、年間の休日日数は大きく変わります。長期休暇を取れる求人を探すなら、有給消化率が高い病院を狙っていきましょう。

まとめ【長期休暇をとりやすい職場選びのポイントは有給休暇と年間休日数】

看護師が長期休暇をとりやすい職場選びのポイントは有給休暇と年間休日日数です。長期休暇をとりやすい職場への転職を考えるなら、この二つのポイントは求人情報でしっかりとチェックしておきましょう。

クリニックであればカレンダー通りの休日で、比較的長期休暇が取りやすいので、総合病院へのこだわりがない場合はクリニック勤務もおすすめです。

また看護師として働いている限り、ストレスとは無縁ではいられません。ストレスフルな医療現場では看護師の定期的なリフレッシュが必要です。

しっかりと休みを確保できる職場に転職できたら、今後は休みの過ごし方にも意識を向けましょう。オフは自分に合った、身体と心の疲れがとれる過ごし方をすることが理想的です。

そして有給休暇は労働者の権利でもあります。多少周囲からのプレッシャーがあったとしても、ストレスで自分の心身が疲弊してしまっては元も子もありません。

まとまった休みが欲しい場合は、周囲の空気ではなく自分の気持ちを優先させて、上司と相談しながら上手に有給消化していきましょう。

前述しましたが、クリニックの求人を探すなら看護のお仕事がオススメです。求人数自体少ないクリニック求人は非公開求人であることが多いです。

非公開求人は、応募者が殺到するため事前に登録している方に優先的に案内されます。そのため、今すぐ転職活動をする予定のない方でも登録だけしておいて損はないでしょう。
看護のお仕事
下記から【看護のお仕事はこちら】登録できます。登録後は、本人確認の電話がありますので現在の状況(情報収集を目的とした登録など)を伝えましょう。

看護のお仕事 公式サイトはこちら