当サイトには広告が含まれます

【大阪公立大学医学部附属病院】看護師から選ばれる3つの理由【年収や評判の実情】

【大阪公立大学医学部附属病院】看護師から選ばれる3つの理由【年収や評判の実情】

看護師として大阪公立大学医学部附属病院への転職を考えている。この病院に勤務経験のある看護師からの評判や年収などの実情を知りたい。あと、良い面だけでなく、悪い面もしっかり教えて欲しい。

この記事ではこういった疑問に答えます。

本記事の内容

  • 大阪公立大学医学部附属病院が看護師から選ばれる3つの理由
  • 大阪公立大学医学部附属病院で働く看護師の様々な実情を調査
  • 大阪公立大学医学部附属病院が募集する看護師求人と採用試験

同院は、高度先進医療と地域医療を担う市内中心部の基幹病院です。市立大学と府立大学が統合したことで、新たに再編されました。

そんな再編されたばかりの病院ですが、働く上ではどうなのでしょうか。実際に現場で働いている看護師の実情も紹介しますので、転職先選びの参考にしてくださいね。

看護師めぐみ

再編されたと言っても移転や規模が変わったわけではないから、在籍していた職員に何か影響があったわけではないわね。

看護師みき

立地が良いから、夜勤明けの買い物が便利ですね。あと、最寄り駅から病院まで地下道で繋がってるから、雨の日でも通勤やラクそう。

大阪公立大学医学部附属病院が看護師から選ばれる3つの理由

大阪公立大学医学部附属病院の看護師評判

同院が看護師から選ばれる理由は、次の通り。

看護師から選ばれる3つの理由

  • その1:がん・認知症・救命救急の3領域に強みがある
  • その2:教育体制に定評があり、認定資格の支援もある
  • その3:公務員に準じた給与と、年間休日の多さが魅力

それぞれ解説します。

その1:がん・認知症・救命救急の3領域に強みがある

同院は、がん・認知症・救命救急の3領域に強みがあります。そのため、これらの領域に興味がある人であれば、学べることが多いでしょう。

とくにがん治療に関しては、近畿エリアで唯一の造血幹細胞移植推進拠点病院なので、白血病や悪性リンパ腫などの血液疾患への治療実績が豊富にあります。

転職アドバイザー ジョブス

特定機能病院なので、どの領域においても高いレベルの医療が提供されていますよ。

その2:教育体制に定評があり、認定資格の支援もある

同院では、クリニカルラダーに沿って院内研修が行われます。再就業支援にも力を入れているので、研修内容は「とても丁寧」だと定評があります。

また、選考制ではありますが、認定看護師の資格取得支援があります。病院側で授業料を負担してくれ、受講日は出張扱いにしてくれます。

看護師みき

この規模に対して認定看護師の数が多いわけではないから、支援を受けられるのはごくごく一部だろうな。でもこういった支援があるのはありがたい!

その3:公務員に準じた給与と、年間休日の多さが魅力

同院の給与は、公務員の棒級が参考にされています。そのため、ほぼ公務員に準じた給与を貰うことができます。医療職の公務員待遇は恵まれているので、長く働けば高い水準の給与が貰えます。

また、同院の年間休日は122日ほどです。病院勤務において、年間休日が120日以上は多い部類です。休日数が多けば、それだけプライベートな時間に費やせる時間を増やすことができますね。

看護師めぐみ

働き始めて数年は他院と比べて給与の差はあまりないけど、長く働けば数十万は余裕でうわまるわよね。

大阪公立大学医学部附属病院で働く看護師の様々な実情を調査

大阪公立大学医学部附属病院の看護師評判

同院で働く看護師の実情を、5つの項目に分けて調査しました。

実情1:年収・給与の実情

給与に関しては、他院と比べて恵まれた水準です。

  • 経験5年:323,988円(夜勤込み)
  • 経験7年:333,379円(夜勤込み)
  • 経験9年:339,528円(夜勤込み)
  • 通勤手当:55,000円
  • 住宅手当:28,000円
  • 賞与:4.45ヶ月分

昇給は、一年に一度で、3,800円ほどアップします。最初は少ない昇給額だと思うでしょうが、最低でもこの金額の昇給が毎年あります。(他院だと早くて5〜6年ほどで昇給しなくなったりします。)

転職アドバイザー ジョブス

出退勤はタイムカードで管理されています。なので、サービス残業にはならないですよ。

実情2:教育・研修の実情

教育体制に関しては、クリニカルラダーを基盤とした教育を行っています。専門領域別のセミナーなども行われているので、学ぶ機会は多くあります。

なお、同じ部署に数年いると必ず他部署への異動命令がでます。同じ部署で働き続けるためには、キャリアに紐づけられた理由が必要になりますね。

看護師みき

中規模以上の病院なら部署異動は当たり前ですよね。でも、強烈なお局が居るみたいだから、その人の部署には異動したくないですね。

実情3:残業・離職率の実情

残業に関しては、三次救急かつ看護師数が充足しているわけではないので、それなりに多くあるようです。

離職率に関しては、公表しているデータはありません。ただ、平均勤続年数9.1年(平均年齢33歳)ということを考えると平均的な離職率だと推測できます。

転職アドバイザー ジョブス

勤続年数と平均年齢的には、近畿大学病院と似通ってますね。超急性期でとても忙しいので、定着率が良いわけではないです。

実情4:福利厚生・育児支援の実情

福利厚生と育児支援は、一般的なことは整備されています。

育児支援として時差出勤や夜勤免除はあります。院内保育所と病児保育に対応していますが、院内保育所の定員は10人で病児保育は4人です。実際に利用できるかどうかは期待薄でしょう。

看護師めぐみ

女性医師と看護師のための支援センターはあるみたいだけど、活動実績が10年前から報告されてないのよね。名ばかりの組織になったのかも。

実情5:経営状況・赤字かどうかの実情

同院の前期の決算は、12億円の黒字でした。法人全体においては26億円の黒字です。赤字ではないのですが、運営する施設や規模にしては、やや乏しい黒字額です。

転職アドバイザー ジョブス

市立大学と府立大学が統合されてガバナンスや経営面の見直しが行われているでしょうから、これからの増益に期待です。

大阪公立大学医学部附属病院が募集する看護師求人と採用試験

大阪公立大学医学部附属病院の看護師評判

実際に募集している求人と試験内容は、以下の通り。

常勤職員の求人内容

同院では、手術室や透析室、採血室、医療相談員など複数の部署での募集があります。以下は、病棟勤務の求人です。

常勤職員の求人内容

職種 看護師
雇用形態 正職員
応募資格 資格保有者(夜勤ができる人)
給与 222,593円~
勤務形態 2交替
休日 4週8休制(年間休日122日)
選考方法 一次:書類選考、二次:小論文(郵送)・個人面接(Zoom)

常勤職員の採用試験

採用試験は「一次:書類選考、二次:小論文・個人面接」です。小論文は、事前にテーマが与えられ郵送で送ります。そして、個人面接においては、Zoomで行われます。

現地に行っての試験ではないので、地方の人でも受験しやすいでしょう。なお、採用予定日(4月1日)の一年以上前から募集が始まるので、早めの準備が必要です。(中途入職者に関しては、年度途中の採用になることもあります。)