看護師の履歴書・職務経歴書!採用される全知識とノウハウ※まとめ

看護師の履歴書

転職活動をスタートした看護師が最初に頭を悩ませるのが応募書類の書き方。合否を左右する重要な書類のため、正確かつ採用担当者の心に響くような内容に仕上げなくてはなりません。

しかし、ルールを守り適切にアピールできていればそんなに難しいことではありません。

限られた文字数のなかで、これまでのキャリアや志望動機などを伝えなくてはならないため、読み手が情報を受け取りやすいよう工夫しましょう。

それでは具体的に、どのような点に配慮して作成すれば良いのか詳しくご説明します。

看護師が応募書類を書く前の心構え

看護師の応募書類(履歴書、自己PR、職務経歴書)02

内容は、簡潔に分かりやすく!
履歴書も職務経歴書も簡潔に分かりやすく記載することが大切です。採用担当者は、多忙なスケジュールのなか書類に目を通しています。短時間でも魅力が伝わるように、要点のみを記載しシンプルにまとめましょう。

ただし、職歴欄の施設名を略称で記すことは厳禁です。学歴や職歴、資格などは必ず正式名称で記入してください。

手書きの場合は、ストック確保&コピーを忘れないようにする
書類を手書きで作成する場合は、誤字などで失敗したときのことを想定し、枚数を多めに用意しておきましょう。また、書類を送る前に必ずコピーを1部とっておきましょう。

面接の際は、応募書類の内容をもとに、質問されます。よって、面接の事前準備がスムーズに行えるようコピーを手元に残しておくと便利です。

PC作成の場合は、テンプレートをダウンロードする
応募書類は、特に指定がない場合は、PCで作成してもかまいません。特に、職務経歴書はフォーマットが自由のため、表を挿入できるPCで作成したほうが読やすくなります。その際は、ネットでテンプレートをダウンロードすることをお勧めします。

前向きな気持ちが伝わるようにする
ネガティブな理由で転職するときも、書面からは、前向きな気持ちが伝わるように工夫しましょう。例えば、職務経歴書に退職理由を記す場合は、「◯◯が嫌だったから」では「◯◯ではなく、△△がしたかったから」と置き換えるだけで印象が良くなります。

履歴書と職務経歴書の役割の違い

転職活動時に必要な、履歴書と職務経歴書。どちらもこれまでの経歴を伝えるためのツールですが、役割は全く異なります。

履歴書は、現住所や学歴・職歴、保有資格など、個人の基本情報を記した書類で内定後も人事情報として保管されます。

一方、職務経歴書は、これまで経験した仕事内容について、実績、自己PRなどを交えて記した書類です。よって、採用担当者が、応募者の実務経験やスキル、人となりを判断する際に重要な役割を担っています。

看護師の転職が成功する履歴書の書き方・注意点

看護師の応募書類(履歴書、自己PR、職務経歴書)03

    <日付>

  • 日付は、作成日ではなく、郵送日もしくは持参予定の日付を記入する
  • 年号は書類内で統一する(和暦or西暦)
    <名前・年齢・押印>

  • 名前は、大きく丁寧に書く。また、必ずフリガナを記入
  • 年齢は、履歴書に記載した日付を基準にし、その時点での満年齢を記入
  • 押印は、まっすぐ押す
    <学歴・職歴>

  • 学歴と職歴は、それぞれまとめて記入する
  • 学歴は、最終学歴のひとつ前から記入
  • 職歴に記載する施設名(および企業名)は、正式名称を使用
  • 最後の行に、「以上」と記す
    <免許・資格>

  • 時系列かつ正式名称で記す
  • 級位の低い資格は記載しない(目安は2級以上)
    <志望動機>

  • これまでの経験を踏まえながら、目標や経験したい仕事などを記す
  • 数多くある病院のなかで、なぜその病院(あるいは企業)を選んだのか、理由を記載する
  • 福利厚生や給与に関する内容には触れない
  • 前向きな気持ちが伝わるようにする
    <自己PR>

  • 自身の強みや、仕事において大切にしていることを、具体的なエピソードを交えて記す
  • これまでの経験やスキルを、今後どのように活かしていくのか伝える
  • 結論から記す

<自己PR例>
私の強みは、◯◯です。

関連する具体的なエピソード

よって、これらの経験で培った強みを活かし、貴院では、◯◯の領域に携わり・・。
のような順番で書くと分かりやすいです!

履歴書を書く際のポイントは、正確かつ簡潔に記載することです。また、履歴書は、選考だけでなく、内定後も保管される重要な書類のため虚偽の内容は記載しないようにしましょう。

看護師の転職が成功する職務経歴書の書き方・注意点

看護師の応募書類(履歴書、自己PR、職務経歴書)04

    <職務経歴・概略>

  • これまでの職務経歴を数行程度で要約する
    <業務内容>

  • 担当業務は箇条書きで記す
  • 経験年数(および時期)は、具体的に数字を記入
    <業務実績、得られた経験>

  • 仕事で結果を出すために大切にしていることや、取り組みを具体的に記す
  • エピソードを書く際は、PDCA(計画→実行→評価→改善)のサイクルに基づいて記す
  • 実績は、できる限り、具体的な数字を交えてあらわす

職務経歴書は、経験やスキル、意欲などを図るためのツールです。採用後の活躍がイメージできるような内容にすることが大切です。

また、実績や取り組みは、結果だけでなく、なぜそうしたのか、理由やプロセスを踏まえて書くと、仕事に対しどのような姿勢で臨んでいるのかが伝わります。なお、職務経歴書は、長くても2枚以内に収めましょう。

看護師の転職が成功する添え状の書き方・注意点

応募書類を郵送する際は、必ず添え状を同封しましょう。添え状とは、書類が何の目的で、誰から送られてきたのか、一目でわかるように記した挨拶状のことです。

宛名、日付、署名を記す
送り先の施設名や、担当者の氏名、送付する日付、自身の署名を記載します。
自身の署名は、住所、電話番号、氏名の情報を漏れなく入れておきましょう。

本文は、挨拶文で始める
用件を伝える前に、簡単な挨拶文を添えます。
その際は、頭語と結語をセットで用いることを忘れないようにしましょう。

<例>
拝啓 貴院におきましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度、貴院の中途採用に応募させていただきたく〜(以下略)〜
敬具

同封した書類の概要を記す
「記」と一文字記入したあとに、同封した書類の概要を記載します。
その際は、箇条書きで、書類の名称と枚数を記します。最後に、「以上」と記入することを忘れないようにしましょう。

添え状をつけずに、書類のみを送付することは、マナー違反です。たとえ応募書類がどんなに素晴らしくても、添え状をつけずに送った場合は、非常識な人材だと判断されてしまいます。

添え状の形式は、ある程度決まっているため、ルールを守って記入すれば、問題ありません。送付前には、必ず作成するようにしましょう。

応募書類のNG

看護師の応募書類(履歴書、自己PR、職務経歴書)05

誤字脱字
書類を作成する際には、誤字や脱字に注意しましょう。どんなに素晴らしい内容を記していても、誤字がひとつあるだけで印象を悪くしてしまいます。

PC作成の場合は、印刷前後に必ず内容を読み返してチェックしてください。

手書きの場合は、まず鉛筆やシャープペンシルで記入し、その後、ボールペンで上書きすると良いでしょう。その際には、必ず、消しゴムを使用して鉛筆の跡を消しておきましょう。

シャープペンシル、修正液
手書きで応募書類を作成する際は、必ず、黒のボールペンを使用してください。シャープペンシルの使用は、下書き時に限ります。

なお、摩擦によって文字が消えるフリクションタイプのボールペンもNGです。記入を誤った場合は、修正液は使わず、再度書き直しましょう。

記入漏れ
履歴書や職務経歴書は、書類選考だけでなく面接の際にも活用されます。よって、記入漏れがあった場合、面接時にも影響を及ぼすことになるため、注意してください。

応募書類の添削サポートをする看護師の転職・求人サイト

看護師の応募書類(履歴書、自己PR、職務経歴書)06

看護のお仕事
看護のお仕事では、あらゆる地域の転職希望者に対応できるよう全国12ヶ所にオフィスを構えております。面接対策や応募書類の添削サポートを行っている上、コンサルタントのフォロー体制がずば抜けています。

看護のお仕事 公式サイトはこちら

マイナビ看護師では、東京・大阪をはじめ全国15ヵ所にオフィスを構えておりご希望の方には、面接対策や応募書類の添削サポートを行っております。ご自身のみで転職活動を行うよりも効率的に転職活動ができるでしょう。

マイナビ看護師 公式サイトはこちら

まとめ【ポイントは、採用担当者の視点に立つこと! 応募書類で他の求職者に差をつけよう】

応募書類は、正確かつ簡潔に、アピールしたい内容が伝わりやすいように工夫することが必要です。すなわち、「読んでいる人の視点に立って書く」ことが重要だと言えます。

また、採用においては、経験やスキルだけでなく人間性や仕事への取り組み方、志望動機も、大切なポイントになります。

書類選考の時点で、採用担当者の目に留まるよう、意欲の高さと、自己の強みを論理的にアピールしましょう!